この世はそれを愉しむ人のための物。旅と食から人生を豊かにしよう!真っ白なお皿に地球を載せて、今日はどこを食べましょうか?

by travelanddine6
 
パリ経由チュニジアへ
今年の年末年始はチュニジアへ~

実は数年前からサハラ砂漠で見る初日の出を狙っているのですが、どうしても日程がぴったりのツアーが見つからない。

そんな中、初日の出ではないけれど、サハラ砂漠で夜明けが見られるツアーで、ちょうど年末年始休みぴったりを使い切る日程のものがあった。
ユーラシア旅行社は初めて一人旅ツアーに参加した旅行会社。使うのは10何年ぶり。



年末年始休みの初日は出国ピーク。でも経由地パリ行きのAF277便は成田空港営業時間ぎりぎりの夜9時55分出発なので、他にお客さんほとんどいなくてガラガラ。
パリ、シャルルドゴール空港到着も向こうの空港営業開始時間ぎりぎりの朝4時25分着予定。と言うか営業開始時間に到着するようにあえて14時間かけてゆっくりとフライト。

エアーフランスはギャレーで飲み物が飲み放題なので好き。退屈なフライト、ウラル山脈を越えたあたりで起きだしてカップヌードルやハーゲンダッツアイスクリームを食べに行く。

機内食のメニューも洒落ているよね…

c0190046_135442.jpg


CDG空港、寒い…。早朝すぎて店も空いてない…。午前6時、やっと一部の店が開き始めるので、カフェでホットチョコレート飲んで暖を取る。
折からの円高でお土産品も安く見える。化粧品、チーズ、チョコレート…フランスもまた行きたいな~。

パリから約2時間15分のフライト、AM11:25 チュニス・カルタゴ空港到着。空港は綺麗で清潔、個人旅行しても大丈夫そうだなぁというのが第一印象。

c0190046_23535857.jpg


このあと行くトズールでは日本円からの両替ができない恐れがあるので、ツアー参加者の皆さんはこのカルタゴ空港で両替をするんだけれど、12時の昼休みが来て、両替窓口はお客さんがまだ並んでいるのにどんどん窓口を閉めて行く。さすがその辺のサービス精神のなさが外国だ。
幸い両替窓口は数多くあるので、郵便局も含めバラけて並び、みんな両替をすることができました。

トズールへの飛行機が予定時刻より早まったために日程表の観光する時間がなくなった。こういう国では良くあることなのでしょう。代替案を考える旅行会社の人も大変です。中途半端な時間なので一度外に出て昼食を取り、また空港に戻って来ることに。

c0190046_18412481.jpg


向かったのはバスで約40分ほどのラ・グレットと言う港町のレストラン。途中でチュニスの街をかすめ、チュニス湖畔をドライブ。

c0190046_1842115.jpg
c0190046_18421640.jpg


街角のあちこちで見かける大統領の写真。シリアのダマスカスでもこんな大統領崇拝的なポートレートを街のあちこちでも見かけたっけ。

c0190046_18424399.jpg


空港に戻ると、早まると聞いていたトズールへの飛行機はやっぱり予定通りの時刻の出発となり(えー)、ここでまた中途半端な待ち時間を退屈に過ごすことに。やっぱりここはアフリカだ。


国内線セブンエアで約1時間15分のフライト、茶色い砂漠を超えてちょうどチュニジアの真ん中あたりに位置するトズールに着いたのは夕方。なんにもない空港。でもいちおう国際空港って書いてあるよ…

c0190046_18434787.jpg
c0190046_184471.jpg
c0190046_1844235.jpg


一歩外へ出るとリゾート地の雰囲気。通り沿いにたくさんのリゾートホテルの入口がある。

c0190046_1845092.jpg


今回の我々のホテルもそうしたリゾートホテル。暮れなずむ乾燥地帯とホテルのプールが旅気分を盛り上げてくれます。明日はサハラ砂漠の日の出ドライブ。晴れますように。

c0190046_18453896.jpg
[PR]
by travelanddine6 | 2008-12-28 11:30 | Travel
<< チュニス RESTAURANT... 恵比寿 まめぞん >>


Travel&Dine38ヶ国!

「2008年3月初旬~2008年11月下旬までのTRAVEL & DINE ~ お皿の上の地球5」はこちら。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク