この世はそれを愉しむ人のための物。旅と食から人生を豊かにしよう!真っ白なお皿に地球を載せて、今日はどこを食べましょうか?

by travelanddine6
 
チュニジア トズール~ドゥーズ~マトマタ
朝6時半、まだ真っ暗な中をサハラ砂漠の砂丘で日の出を見るために、4WDに乗って出発。30分ほどで「スターウォーズエピソード1」のロケ地となった。オング・エル・ジャメルに到着。

c0190046_23251393.jpg


主人公の故郷という設定だったらしいです。映画見てないんだよねー。
白い塗り壁のカマクラみたいな住居。木組を組んで鉄網をかぶせ、その上から白い石膏を塗ってあるみたい。

c0190046_23261479.jpg
c0190046_23262661.jpg


背後に見える砂丘にずらりと並ぶ4WD。他のツアーの方たちも日の出を見に来ているようです。

c0190046_23265532.jpg


我々も砂丘に移動。

c0190046_23272665.jpg


あいにくの曇り空。日の出の瞬間は見られなかったけれど、夜明け前の静かな雰囲気は十分に味わえました。

c0190046_2328320.jpg
c0190046_23284295.jpg


砂が固まって出来た奇岩。もろくて少し力を加えると壊れてしまう。このあたりは映画「イングリッシュペイシェント」の舞台にもなったそうで、帰国したら「スターウォーズ」ともにDVDを借りて、復習しなくちゃ。
地面がところどころ白っぽいのは塩。

c0190046_2329418.jpg


現地の人の民族衣装が砂漠の風景にぴったり。

c0190046_232948100.jpg


サンドバギーのように4WDで砂丘を降りガタガタ道を走ってホテルへ戻る。

c0190046_2330259.jpg


すっかり日が昇って快晴のトズール。このオアシスのようなホテルとももうお別れ。

c0190046_23312582.jpg


荷物をまとめてトズールのメディナへ向かう。

c0190046_23314993.jpg


バスを降りて美しい幾何学模様を使った建築物と日干しレンガの街並みが残るウルドエルハデフ地区を散策。

c0190046_23332686.jpg
c0190046_23333732.jpg
c0190046_2334068.jpg
c0190046_23341778.jpg


ドアノッカーが手の形をしているのは魔よけの「ファティマの手」。

c0190046_2334503.jpg


道端に並べてあるお土産物屋の焼物。色がきれい。

c0190046_2335772.jpg


バイクのガソリンはこうした道端の売店で売られている。赤い液体がガソリン。

c0190046_23353077.jpg


個人旅行だったらこんなレストランで朝食を取って見るのも楽しそうだなぁ。

c0190046_23355899.jpg


メディナの大通りにあるミナレット。この周りには市場、たくさんのお土産物屋とカフェが並ぶ。

c0190046_23362811.jpg
c0190046_23365827.jpg
c0190046_2341430.jpg


買おうかどうしようか何度も迷ったタジン鍋。スーツケースに入れて持ち帰るにはあまりにも壊れやすそうな形、家でタジンを作る頻度もそんなに多いと思えないし…、で断念。

c0190046_23373640.jpg
c0190046_23375252.jpg


カレンダー屋さん。イスラム装飾文字が美しい。

c0190046_23381544.jpg


チュニジア名物デーツ(ナツメヤシのドライフルーツ)。

c0190046_23384580.jpg

c0190046_23392217.jpg


同じくチュニジア名物ローズ・ド・サハラ。砂漠の砂が結晶化してバラの花に見える石。お土産物人気ナンバーワンらしいけど、たぶんもらっても使い道にこまるお土産物ナンバーワンでもあると思う(笑)。

c0190046_23394936.jpg
c0190046_2340674.jpg


チュニジアンコーヒーやミントティーを楽しむ男たち。チュニジアの女性はカフェなんか入れないんだろうね。

c0190046_23413813.jpg
c0190046_23415984.jpg
c0190046_23421852.jpg



街歩きを満喫した後はパラディ動物園へ。

c0190046_23242944.jpg


チュニジアに来てまで動物園?と思ったけれど、改めてじっくりと砂漠の植物動物を見学するいい機会でした。コーラを飲むラクダの実演や、ヘビや大トカゲの写真撮影サービスなどなど・・・。案外楽しんじゃったりして。

c0190046_2326117.jpg
c0190046_23263650.jpg
c0190046_23265718.jpg
c0190046_23273276.jpg
c0190046_23274738.jpg
c0190046_23281276.jpg


街中に広がるナツメヤシの畑を抜けて、これからベルベル人の街ドゥーズへロングドライブ。冬の日差しがぽかぽかと暖かく、みんなバスの中でうつらうつらと居眠りタイム。

c0190046_23285580.jpg


昼頃ふと気がつくと砂漠なのに地面が真っ白。

c0190046_23292959.jpg

c0190046_23321691.jpg


塩の湖ジェリド湖の真ん中を走っている。最大長200km幅130km広さ5000平方kmで東京の約2倍の面積を持つ大きな塩の湖。
水の色はピンク色がかった茶色。トイレ休憩のついでにお土産物屋でこの塩の湖の塩を買う。

c0190046_23301774.jpg

c0190046_2330564.jpg
c0190046_23312769.jpg

c0190046_23405360.jpg


長い塩の湖を抜けて着いたサハラ砂漠の入り口ドゥーズ。遅めの昼食を取った後、ラクダに乗って砂漠を散策。

c0190046_23332525.jpg


日が傾いて風が出て来たサハラ砂漠、ラクダに乗っていても砂が当たって痛い痛い。帽子・サングラスとマスクは必需品。砂から身を守るマント(ベドウィンの衣装)もレンタルできる。
ずらりと並ぶラクダは壮観。いちばん雰囲気のあるラクダ引きのおじいちゃんを選んで乗る。

c0190046_23325948.jpg

c0190046_23422713.jpg


砂あらしに煙って遠くが良く見えない砂漠、昔の旅は大変だったんだなぁ…

c0190046_23413190.jpg

c0190046_2342328.jpg



すっかり砂だらけになってバスに戻り、夕焼けの中を又バスはひた走る。

c0190046_2334521.jpg
c0190046_23341888.jpg

c0190046_23345833.jpg


途中で見えてきたベルベル人の村タメズレット。丘の上に洞窟住居がへばりつくように建っている。

c0190046_23353652.jpg


この洞窟住居、今夜の投宿地マトマタにもあって、このシディドリスホテルは「スターウォーズエピソード4」のロケ地にもなった洞窟ホテル、ということで見学。宿泊するにはあまりにも寒々しいけれどとっても雰囲気がある。

Sidi Driss
Matmata 6070 - TUNISIA
Tel : (216) 75 240 005
fax : (216) 75 240 265

c0190046_2335597.jpg
c0190046_23362349.jpg
c0190046_23363944.jpg


そこから車で五分の自分たちのホテルも少し洞窟住居をイメージしたホテル。せっかくサハラ砂漠まで来たんだから近代的ホテルチェーンよりこうした場所に泊まるのも旅行の楽しみ。
[PR]
by travelanddine6 | 2008-12-29 06:24 | Travel
<< ドゥーズ Tej kayem トズール EL MOURADI... >>


Travel&Dine38ヶ国!

「2008年3月初旬~2008年11月下旬までのTRAVEL & DINE ~ お皿の上の地球5」はこちら。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク